中折れで悩む男性と原因を考える男性

勃起持続をするにはどうしたら良い?

男性の年代に関係なく抱えている性の悩みの一つに、勃起持続時間の短さがあります。
パートナーと性行為をして性的興奮があるのに下半身が思うように反応せず、中折れや短時間で射精するケースがあります。
勃起持続時間を延ばす方法は色々ありますが、勃起薬を使う方法と生活習慣を見直す方法に大別されます。
即日効果を得たい場合は勃起薬を使うのが良いでしょう。
これは生活習慣の見直しは体質改善に時間がかかるため、パートナーと性行為をするため、すぐにでも効果を得たい場合は不向きです。
勃起薬には色々ありますが、確実に効果を得たいのであれば医薬品として効果が認められているシアリスという薬がオススメです。
シアリスは勃起薬のシェアが高く世界中で愛用されています。
シアリスが選ばれる理由は、まず勃起持続時間が長いところです。
他の勃起薬の持続時間が平均5~8時間程度に対して、シアリスは36時間前後もあり非常に勃起持続時間が長いです。
このため週末の金曜の夜に服用すれば、日曜日の朝まで効果が持続します。
性的興奮があると勃起をサポートしてくれますので、中折れの心配がありません。
シアリスの効果が持続している間は勃起をサポートしてくれますので、続けて二回目の性行為をすることも可能です。
次に自然な形での勃起をサポートしてくれるところも人気です。
勃起薬と言えば強制的に勃起を促すイメージがありますが、シアリスは体内への吸収がゆっくりなため効果も自然な形であらわれます。
このためい若い頃のような自然な勃起を取り戻せると人気です。
服用してから効果があらわれるまで1時間程度かかりますが、即日効果はでるので服用のタイミングを間違えなければ問題ないでしょう。
勃起薬に頼らずに勃起持続を改善するには生活習慣の見直ししかありません。
時間は数ヶ月程度かかりますが、長い目で見れば勃起だけでなく健康にも良いことなので、毎日継続して取り組むようにしましょう。

今日からでも始められること

生活習慣の見直しについて何をすべきか幾つか紹介します。
筋トレ中の男性改善すべきポイントは、食生活の見直しと筋トレなどのトレーニングを取り入れること、更に質の高い睡眠、マスターベーションの方法の見直しがあります。
最初の食生活の見直しは、基本は高蛋白低脂肪な食事と血流が良くなる食物を積極的にとることです。
具体的な食品ではささみチキンや納豆、高野豆腐、赤身肉や青魚などが良いでしょう。
逆に良くないのはお酒や霜降り肉、ポテトフライやスナック菓子など油っこい食物です。勃起は陰茎に血液を大量に流すことで起きますので血流の改善が必要です。
油っこい食事は血管を詰まらせる恐れがありますので過剰な摂取は避けて下さい。
次のトレーニングの取り入れですが、勃起を持続するにはそれなりの体力が必要です。
メタボ体型では勃起しても持続する体力が続きません。また射精を我慢するにも筋肉を使いますので、筋トレは効果があります。
最低行いたいトレーニングにPC筋を鍛えることとスクワットです。
PC筋とは肛門付近の筋肉のことでこれを鍛えると勃起を持続する力が強まります。またスクワットは下半身全体の筋肉を鍛えて脂肪を燃焼してくれます。
下半身が力強くなると性行為でも途中で疲れることがありませんので、中折れすることなく最後まで継続することができます。
質の高い睡眠は、体と気持ちリラックスさせる効果があります。
規則正しい生活習慣を送れば毎日決まった時間に眠ることができ、睡眠時間も6~8時間確保できれば質の高い睡眠をとることができます。
睡眠をしっかりとることで、体はリフレッシュされますし気持ちも落ち着かせることができ、勃起しやすい環境が整います。
最後のマスターベーションは、できるだけ毎日するようにしてせいての耐性をつけて下さい。
マスターベーションの方法も、すぐに射精するのではなく、できるだけ時間をかけるよう心がけましょう。
可能なら二回目のマスターベーションで射精するようにして下さい。